シーンごとに記念品を選ぶ

記念品はその場に合った物を贈りましょう。贈り物をするときは、受け取る側の人との関係や立場によって工夫しましょう。 - シーンごとに記念品を選ぶ

シーンごとに記念品を選ぶ

rtshhrs
当然のことですが、空気を読めない贈り物など誰も喜びません。シーンによって記念品も選択をする必要があります。無難な選び方をすることも可能ですが、記念品を贈りたいという気持ちを持っている人は、その対象者に向けて特別な感情を持っているはずですので、できる限り喜んでもらえる記念品を贈るように心掛けたいところです。

シーンによって適した記念品とは

既存品を贈るのもひとつの方法ですが、シーンに合わせた記念品としてオーダーメイドの製品も良い選択になります。対象者の名前や贈った人たちの名前が彫刻された製品なども、相手がその場にいたことや願いが込められているものとして、これからも大切に扱ってもらえる記念品になるでしょう。置時計など代表的な記念品です。
またオーダーメイドではなく、既存品としても思い出に残る品物を贈ることも可能です。ちょっとしたメッセージがついていれば、それだけで受け取った人は気持ちを感じるでしょう。贈る品が問題ではなく、どういった気持ちが込められているのかが記念品であることを忘れないようにしてください。

退職、結婚、また婚約記念などに適した品物

それぞれシーンに適した品物があります。定年退職であれば、第2の人生の門出を祝った品物もうれしいでしょう。自由に使える商品券も良いですし、「お疲れ様でした」の意味を込めた奥様と一緒に行く旅行券も印象的な贈り物になります。受け取った人は記念品となるはずです。
大切な人の結婚祝いであれば、選べる記念品ギフトも最適です。婚約記念で互いに贈るのであれば、エンゲージリングは代表格の記念品になり、それにイニシャルや婚約した日を刻んでおくと記念品になるでしょう。

記念品としてかたちに残るより記憶に残るものを

記念品というのは形に残らなければならない、また記念品であることを証明する彫刻が入っていないといけないと思い込んでいる人もいます。最近は若い世代にそのような押し付けがましい記念品を貰うことに抵抗を感じる人も多くなっています。記念品であることを自ら誇示するような品物ではなく、喜んでもらえる品物を贈るのも記念品です。
だからこそ商品券や旅行券、選べるギフト券なども選択肢として良いです。そこにちょっとしたメッセージを一緒に添えること。それこそが受け取った人にとってかけがえのない記念品になることもあります。

相手の笑顔を想像しながら品物を決めよう

結局のところ受け取った人が喜んでもらえなければ記念品ではありません。達筆な上司がいて、定年退職記念品として会社名が入った万年筆を贈るとします。それが本当に喜んでもらえる品物なのかと考えれば疑問符が付くでしょう。その上司の方が、会社名が入った万年筆を大切に使うのかを考えれば用意に想像がつくはずです。
また目上の方に万年筆を贈るというのは、失礼にあたるとも言われています。「もっと学習しろ」といった願いが込められていることにもなり、年上の人には失礼にあたるでしょう。日本には贈り物に関してこのような慣習がありますので、その点も良く調べてから送らなければ、思わぬトラブルを生むこともあります。事前に調べておくようにしましょう。
せっかくの特別なシーンですので、思い出に残るものを贈るようにしてください。贈った側が主張しすぎるような記念品は避けるのが賢明です。あくまでも受け取った方が喜んでもらえる品物を探しましょう。その方の笑顔を想像しながら選ぶのが、喜んでもらえる記念品になるはずです。

Copyright(C)2016 シーンごとに記念品を選ぶ All Rights Reserved.